スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漆間順子(うるまじゅんこ)
東京都港区生まれ。
武蔵野美術大学日本画学科卒業。
出版の仕事を経て、ヨーロッパの美術を学ぶ旅に。その後、フランス・ラング(フランス・パリ)やコルドン・ブルー・パリ校で学ぶ。
料理のほか、パリでは個人の料理研究家にフランス菓子やマナーを学ぶ。
フランス滞在中に出会った水彩色鉛筆で2004年「あなたにも描ける色鉛筆画58のポイント」を出版。
その後、ヨーロッパの小物や旅の思い出を水彩色鉛筆で描いた「描いて幸せになる色鉛筆画77のポイント」を上梓。
2011年には自らの庭仕事と植物の描き方を解説した「ガーデンスケッチ12ヶ月」を出版。

現在、浅間山の麓と自宅に庭を作り、草花を育て、モチーフとしている。
緑花文化検定1級。
英国王立園芸協会会員。

国際書画大賞展秀作賞受賞。
ドローイング・デッサン・コンクール入賞(フランス・パリにて)
ル・サロン入賞(フランス・パリにて)
日仏現代美術世界展、招待出展。
アメリカ美術大賞展、招待出展(米国にて)
絵手紙千人の会、絵手紙美学会などで奨励賞受賞。
個展、グループ展多数。住宅メーカーのセンスアップ講座も担当。

絵画技法に留まらず、花のある暮らしを提案する教室を運営している。
日本園芸協会認定ガーデニングコーデイネイター資格。
「ガーデンスケッチ12か月」(マール社)は中国、香港、マカオなど海外でも翻訳本が出版されている。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。